解散から復活したうるま市石川ひまわりキッズシアターの自主公演を開催したい!

解散から復活した劇団ひまわりキッズの自主公演をしたい!
プロジェクトオーナー

兼島 拓也(石川ひまわりキッズシアター脚本・演出)

43%

  • 現在
  • ¥129,000
  • 目標金額
  • ¥300,000
  • 購入口数
  • 22口
  • 残り日数
  • 63日

この日に何を

2017年06月30日 23:21

宮森小米軍ジェット機墜落のこと

みなさん、こんばんわ。
クラウドファンディングをはじめて早速、ご支援いただき、ありがとうございます。

6月30日。
この日に何を言葉にできるのか、考えていたらこんなに夜遅くなってしまったけど、
ちゃんと言葉にしておこうとおもいます。

この日は、毎年、遺族会とNPO法人石川・宮森630会の慰霊祭に行ったり、夜は沖縄県内のニュースで宮森のこと、どうやって伝えられているのかって見る日です。

 

自分で言葉にするのは、正直厳しいと思ったけれど、QABさんのニュースでみつけました。
ニュース映像なので、いつかは消えるかもしれません。

http://www.qab.co.jp/news/2017063092100.html





いつも春代さんは「子どもたちにお菓子でもあげて」と差し入れをしてくれます。
 

子どもたちは「ありがとうございます」って喜んで食べているけど、事務局としてはありがたくもあり、切ないというかすごく心がギューっとなります。

 

春代さんは、小学校6年生だった正行君を宮森の事故で亡くしています。

話を聞こうとすると、目に涙をためるので、あまり聞けずにいます。

 

きょう、ニュースを見て「あ、お話したんだ」という思いとともに「元気でいらっしゃるんだ」とうれしくなりました。

 

キッズは、公演前になるとNPO法人石川・宮森630会の久髙さんから石川の歴史を学んだり、宮森の事故現場を歩いたりしますが、なかなかご遺族のお話を聞くのは難しいです。

 

でも、春代さんは、いつも公演にいらしてくれます。

正直、1月の公演の時は、事故のシーンとか見られたら、動揺しないかととても気がかりで、キッズの本番の様子を確認しては、春代さんの様子をうかがったりもしました。

 

本当に、本当に、いつもひまわりキッズを応援してくれるみなさんに感謝しています。

そして、家族を亡くした、けがをした方々がキッズの劇を応援してくれているのが、本当にキッズが公演を続ける一番の心強さにつながっています。

 

そして、そういえば。キッズがいつも怒られたり、優しくされたりしている630会会長の久髙さん。春代さんの向かいに座って話を聞くニュース映像のなかの姿が、いつも公演前にこみあげる思いを語っていた故豊濱光輝前会長を思い出させました。豊濱会長もこうやって、遺族の証言を聞いて、キッズに思いを伝えていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

明日7月1日は、ニュースでも紹介されているように
ひまわりキッズも種を植えたひまわりプロジェクトの開花を祝う「いひちゃーひまわり祭り」

石川ひまわりキッズシアターはなんと、オープニングで出演してダンスをします。

 

お時間ある沖縄にお住まいの方々は見に来てください★
夕方5時頃。JAおきなわ石川支店です!