しまくとぅばと英語を話し、世界で活躍する次世代のうちなーんちゅを応援したい!

しまくとぅば・えいご教室
プロジェクトオーナー

一般社団法人ウチナーグチスクール

0%

  • 現在
  • ¥4,000
  • 目標金額
  • ¥0
  • 購入口数
  • 1口
  • 残り日数
  • 終了

9月29日(金)3回目教室が終了しました!

2017年09月30日 20:15

あっという間に3回目が昨日無事終わりました。

今回は前回の反省点(生徒さんが大人に囲まれて萎縮してしまい、伸び伸びと学べていなかった)をふまえ、生徒さんがより楽しみながら学べるようカルタを使った言葉遊びを取り入れてみました。

今回も定員6名中3名の生徒さんが集まってくれました。
進行役の「ちょっぴー」。話者の「しんちゃん」と「トーミー」。来てくれた生徒さんは「たーくー」、「なっちゃん」、「たい」くんです。

始めにこれまで習った言葉をクイズ形式で簡単に復習しました。
間違えながらも正解してくれると、やはり嬉しいものですね。

復習が終わるといよいよ新しい言葉遊び、カルタでしりとりをしました。
まず、カルタの絵札を机の上に円状にバラバラに置きます。
次に、円の中心に始めの絵札(なんでもいい)を置き、その絵札の文字から「始まり」、まわりにある絵札の文字で「終わる」言葉を探して、その絵札を前の絵札の上に重ねていき、絵札がなくなったら終了です。
例えば「す」の絵札が中心に置かれている場合、「すいか」の最後の文字「か」の絵札を探して「す」の絵札の上に置きます。もちろん、「すいか!」と口に出しながら置いていきます。

この遊びは、今までの中で一番盛り上がりました。3名とも身を乗り出して、ルールをその都度覚えていきながら、元気よくバンバン絵札を重ねていきました。あいにく時間の関係上、最後の1枚は時間切れで置けませんでしたが、次回は是非最後まで重ね終えたいですね。

そうです。今回はただ機械的に言葉をうちなーぐちに翻訳していくのではなく、生徒さんが「気になる」言葉をピックアップして翻訳していきました。重ね終わったカルタを振り返りながら、気になる言葉を3名で選び、それらの言葉はうちなーぐちではなんというのかを話者の方々から教えていただきました。果たして今時の小学生はどんな言葉が「気になる」のでしょうか。。。

/data/blog/archive/original/38840.JPG

今回は本当に残念ながら時間切れで英語の翻訳まではいけませんでした。

/data/blog/archive/original/38841.JPG

まだ残り2回の教室が残っていますが、今回9月29日分の音源は、元気よく、伸び伸びとした生徒さんの声や、リラックスした、笑いのある教室の雰囲気が一番よく録れていますので、今までの中でも一番のお勧め音源です。音源チェックをしながら毎回笑ってしまいました。

本教室の音源は本サイトYUIMAでしかご購入いただけません。もうそろそろ今年も終わり、お正月におじいちゃん、おばぁちゃんやご親戚と会う機会があると思います。その際に、この音源をご一緒に聞いてみてはいかがでしょうか? 意外に楽しい雰囲気になれることに驚くと思います。是非お試しください。